私は、格闘家やプロレスラーのような筋肉の身体を手に入れるためにスポーツをすることを考えていると書きました。

スポーツは心身をきたえるものです。
スポーツは心身をきたえるものです。

私がスポーツをする理由について。

私は身体を鍛えることに興味があります。その方法として、スポーツをすることを今考えています。一口に身体を鍛えるといっても、私は主に身体全体にナチュラルな筋肉を付けたいです。具体的に言えば、格闘家やプロレスラーのような肉体になりたいです。ボディビルダーのような筋肉の身体ではないと言うことです。

そんな身体つきになるために、私は空手をやろうかなと思っています。極真空手などの直接打撃制の空手ではなく、グローブ空手をやりたいと思っています。グローブ空手は、ヘットギアとグローブを付けて試合を行うスタイルです。空手は全身運動なので、前身の筋肉が刺激され鍛えられると思いました。空手の他には、ランニングを考えています。長距離を走って、走るための筋肉を付けたいと思っています。また、ランニングをやれば、筋肉だけでなく持久力も付き体力が高まるに違いありません。そうなれば、身体全体は筋肉で覆われたかっこいい身体で、体力もあるという強い男になれます。そんな自分の中の理想像に近づくために、グローブ空手とランニングをしていきたいです。

このような私の例でまとめてみると、スポーツは究極的に自分との闘いになると思います。他人との勝負だけでなく、自分の目標に近づくための手段としてスポーツが利用できると思うのです。勝負だけ、突き詰めていってもスポーツを続けていけるかは自分との闘いです。それぞれが自分の目標を達成するためにスポーツをすればいいと私は考えています。

おすすめ情報

Copyright (C)2017スポーツは心身をきたえるものです。.All rights reserved.