スポーツにも戦術と戦略があります。その中でも戦術性が高いスポーツの一つがサッカーだと思います。

スポーツは心身をきたえるものです。
スポーツは心身をきたえるものです。

スポーツの戦術性と戦略性

スポーツも、相手チーム争うゲームですから、戦術性や戦略性が大なり小なりあります。その中でも戦術性が注目されるのはサッカーだと思います。その意味において、チームを率いる監督、チームを編成する強化部長やGM、チームを含めたクラブを運営する社長たちの手腕が大きくチームの成績に影響を与えます。まず、戦略の部分では、スポンサーからの運営資金の獲得、選手の補強、そして監督を誰にするかがあります。そして、監督は与えられた選手をもとに、自分が考える戦術をベースに、選手にあわせた戦術を構築します。選手の創意工夫も不可欠ですが、オートマティックに進める部分が、チームの基盤となります。

いざ試合が始まると、まずスターティングメンバーの選出が重要です。主導権を握って先制点をあげれば、試合を楽に運ぶことができます。試合が膠着したときには、選手交代が切り札となります。相手の弱点と、自分たちの強みを見極めて、選手の構成を変え、試合に変化をもたらします。これらの力が総合的に備わっているチームが優勝することができます。今、日本のサッカーリーグも残り1節となりました。最後の1節で優勝と降格するチームが決まりますが、1年間のリーグ戦だけでなく、クラブやチームの考え方が凝縮されていると思います。

Copyright (C)2017スポーツは心身をきたえるものです。.All rights reserved.