スポーツは子供にたくさんの良い影響を与えます。ただし、子供自身が楽しみながら運動していることが大事です。

スポーツは心身をきたえるものです。
スポーツは心身をきたえるものです。

子供に及ぼすスポーツの影響

小さい子供にスポーツをさせてあげることは、とても大事です。子供の運動能力の神経の発達は、4歳から12歳が盛んだと言われています。特に4歳くらいまでに、走ったり飛んだり跳ねたりと色々な動きをする事が、のちの運動神経の良さに影響します。足の速さも遺伝ではなく、この発達の時期にたくさん走った子が足が速くなる傾向があるようです。また、運動する事でお腹が空いて疲れるので、よく食べよく寝るようになり、背も伸び体が大きく育ちます。

また、心の発達も促します。勝ち負けを経験し競争心を芽生えさせ、チームワークを必要とする競技では協調性を学べます。楽しみながら目標を達成していく過程で、自分で考える頭を育てます。いくつかの調査では、運動やスポーツをしている子と、そうでない子を比べた時に、体力レベルの違いや社交性、背の高さなどに違いが見えるそうです。

ただ、子供においては大人の影響がかなり大きいと言えます。スポーツは、子供が楽しみながらやっているということが大事です。親が目標を高く持ちすぎ、ついていけない子供が自信を失ってしまうこともあります。大人になれば、自分で自信を育てることもできますが、子供ではそれが難しいのです。うまく褒めてあげて、認める言葉をかけながら運動させることでスポーツが子供に良い影響を与えてくれると言えると思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017スポーツは心身をきたえるものです。.All rights reserved.