野球では他のスポーツで足が速くても藻類や盗塁がうまいわけではなく、洞察力が必要となってきます。

スポーツは心身をきたえるものです。
スポーツは心身をきたえるものです。

他のスポーツで足が速くても野球では違いがあります

野球では打って投げること以外でも走塁ということでも、高度なテクニックを要します。特に走るということから、ただ足が速いだけでは実は野球においての走塁が良いということではなく、一瞬のすきを突く判断力や短い距離をいかに到達するかのテクニックが重要となります。そういった意味では、ただ足が速いということでは、例えば100メートル走などのスペシャリストが塁間を走ったとしても、実は盗塁や走塁が上手な訳ではなく、ほとんどがキャッチャーによってアウトになってしまいます。その原因としては、ピッチャーの癖を盗まない限り、強肩のキャッチャーにはアウトにさせられるということなのです。

盗塁に関しては、バッテリーとの戦いになり足が速いというスキルの他にも、ピッチャーがホームへ投げるという直感を持ってして速いスタートを切ることができるのと、勝負というのはわずか数秒の中の0コンマ何秒という中で勝負が決まるので、そういった走塁のスペシャリストとバッテリーの戦いも、野球というスポーツの見どころになっています。このようなただ走ることが速いという理由だけではなく、相手を見抜く洞察力も必要となり、それができてチームにとっての貢献ができる選手となってきます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017スポーツは心身をきたえるものです。.All rights reserved.