野球というスポーツでは、ルールが細かいことでも有名ですが主審によっても変わってくる判定もあります。

スポーツは心身をきたえるものです。
スポーツは心身をきたえるものです。

野球というスポーツと主審の判定

野球というスポーツは、ルールが細かいことでも有名です。そして審判というのは主審を入れて基本的には4人態勢でやっていますが、スポーツの中でも野球の主審ほど、主観を左右されるスポーツはないように思います。野球のピッチャーから投げられるボールでは、ベースの一角を通っていればストライクになりますし、外れるとボールという判定になります。そして打者によっても体の大きな人や、反対に小さい人ではストライクゾーンが小さくなる為に、ベース以外でも判定に大きな差が出るのが野球なのです。その為に主審によってはストライクとボールの判定に違いがあり、キャッチャーは主審の判定の性格や、癖を見抜く力も必要となります。

近年では世界的な広がりを見せている野球というスポーツですが、これもワールドカップが開催されるようになってから、注目が高くなってきたといえます。しかし実際の国際試合になるとルール上の問題なども統一性を作って入るものの、何度も国によっての話し合いがもたれるという現状があり、ボールなども日本で使われているボールと、世界基準のボールには違いがあるということも、ネックになっているといえます。しかし一流選手の集まりですから、どのようなルールやボールでもすぐに対応できるのが素晴らしいことです。

Copyright (C)2017スポーツは心身をきたえるものです。.All rights reserved.