日本が経済的に大きく変わってきたことから、スポーツなどのフィットネスが浸透して健康志向になってきました。

スポーツは心身をきたえるものです。
スポーツは心身をきたえるものです。

スポーツと日本の経済状況

経済状況の安定が叫ばれている中でも、日本という国では治安の維持や生活などの福祉関係については、他の国よりも恵まれていることがあります。そういった国になってきたのは、戦後復興から高度経済成長を経験して、そしてバブル経済という苦難を乗り越えてきた歴史があります。日本の中で大きく変わってきた社会現象の中では、スポーツがあります。プロ野球では高給取りが多くなり、一般市民でもスポーツを楽しむ余裕が出来てきたことから、フィットネスクラブやマラソンや登山などのスポーツが親しまれるようになってきたといえます。

特に健康産業ということではフィットネスクラブの利用者が多く、ランニングやエアロビクスのようなダンスのみならず、ヨガなどの体操と精神を安定させるエクササイズを取りいれているところもたくさんあります。こういった背景には、やはり経済的な安定と社会娯楽としての位置をスポーツ自体が確立したからだといえます。このような習慣性を持っていることによって、健康を気にする人が増えてきたことでサプリメントなどの市場も増えてきています。そしてダイエットなどをベースにしたコマーシャルなどは、ヒットを連発しているということからも、スポーツとダイエットは切っても切り離せない関係といえます。

Copyright (C)2017スポーツは心身をきたえるものです。.All rights reserved.